水漏れが起きやすいつなぎ目

水回りの設備は、水道をはじめさまざまな配管や機材が接続されてひとつのかたちとなって機能を発揮します。接続する部分が増えれば、それだけ隙間も生まれやすくなるため、水漏れする可能性が出てくることを理解しておかなければいけません。

■水回りの設備として欠かせないつなぎ目

水道をつなぐことは、水回りの設備で大事なポイントです。水を供給できなければ、設備として使えません。つなぎ目ができることになるため、漏れない工夫をすることが大切です。パッキンを取り付けて水漏れしない状態を作るほかにも、ネジ山にはシールテープを巻いて隙間ができない状況を作ります。
しかしパッキンにしてもシールテープにしても、いずれは機能を果たさなくなります。時間とともに劣化すると隙間が生まれるため、交換やまき直しが必要です。見た目だけではわからない部分もあるため、専門の業者による定期的な点検を考えればトラブルを未然に防げます。

■水圧がかかる場所もある

つなぎ目の中には、大きなトラブルになる場所も少なくありません。トイレに接続されている水道管は、問題が起きれば水が吹き上がる可能性が出てくるからです。圧力をかけて水は送られてくるため、隙間の大きさにもよりますが大量の水が流れかねません。
つなぎ目はウォシュレットなどの中にもあります。水を使用する設備ですが、内部で水漏れを起こすと、電気部品にもかかってしまい、故障の原因にもなります。修理したくても、家電製品のひとつになるため、素人には難しいことから専門業者に依頼することが必要です。

■まとめ
水回りの設備にとって、つなぎ目は水漏れが出てくる弱点にもつながります。どんなものでもつなぎ目が存在しますが、水漏れしたときには真っ先に疑ってみなければいけない場所です。トラブルを起こす可能性が高いことからも、定期的に点検しておけば、被害も抑えられるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ