栓からも水漏れを起こす

水を貯めて使う設備には、排水するための栓がついています。トイレのタンクが代表的ですが、バスルームの浴槽にも栓があり、必要なくなったときには流せます。うまく機能していなければ、水漏れの原因にもなる場所です。

■トイレのタンクに使われる栓

トイレのタンクは、必要なときに必要な水を供給するために存在します。流すときには、内部の栓があき、水が流れる仕組みですが、わずかでも隙間ができれば、便器の中に流れ込むのが問題です。使っていない水が少しずつ流れ込みながら、流れ出した分の水が水道からタンクに補給されます。つまり、栓がしっかりとしていなければ、ずっと水が供給される状況です。
わずかな量であっても、24時間流れたままになるため、水道代もどんどん掛かります。思っても見ない金額の請求が届き、事態に気がつく場合も少なくありません。異変に気がついたときには、早めに対処することが重要です。

■バスルームの浴槽の栓

トイレよりもわかりにくいのが、バスルームの浴槽の場合です。お湯を貯めるための設備ですが、わずかに漏れていても大幅に水量が変化しないため気がつかないことがあります。しかし少しずつでも漏れていけば、その分失われることに変わりはありません。使っていない水が消費され、無駄に流すだけになってしまいます。
浴槽の水漏れは、変化を見て問題があるかどうかを判断するしかありません。水かさが減っていると感じたときには、栓を交換してみるのが一番です。浴槽はヒビでも入らなければ水漏れする箇所がないため、栓が原因になっている可能性はあります。

■まとめ
設備の栓は大事な役割を持っています。排水するだけではなく、必要な水を確保するためにも使われるからです。水漏れがあると感じたときには、消耗品として交換を考えてみるといいでしょう。ホームセンターなど手に入り、交換も簡単です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ