じわじわと水漏れしてくるのは修理のサイン

水を使う設備はいろいろとありますが、水漏れなどのトラブルには特徴があります。じわじわと漏れてくる場所もあり、早めに気がつくことができれば、対処も難しくありません。大きな問題になる前に対応するのがポイントです。

■じわじわと出てくるときは修理が必要なサイン

水は本当にわずかなすき間からでも漏れてきますが、いきなり大量に漏れるのはまれなことです。その前段階として、じわじわと漏れてくるときに気がつけば、修理も素早くできます。
接続部品でよくあるのが、少しずつ隙間ができている段階です。摩耗が進んでいる場合や、パッキンが劣化して隙間が生まれ始めているときには、じわじわと漏れてきます。蛇口でもよく起こりますが、閉めているのにわずかに漏れるといったときにも、同様の現象が起きているため、まずはコマやパッキンといった消耗品を交換するといいでしょう。

■湿ったあとを見つけたらすぐに点検

設備として考えた場合、水漏れしている場所を見つけるのに、じわじわと濡れてきている場所を探す方法があります。水道の設備は、すべて見えるところにあるわけではありません。晴れている日なのにもかかわらず、土が濡れているのは、じわじわ水漏れしている可能性があります。配管が地中に埋まっているケースですが、見た目ではわからなくても、こうした変化で異変を察知できるケースもあります。
水回りの異変のひとつであり、見逃さないようにすれば、被害は抑えられます。わずかに漏れている状態でも、その分の水道代は請求されます。メンテナンスをしなかったことで、使っていない水道代が請求されることになるため、異変を発見したらすぐに修理を考えなければいけません。

■まとめ
水漏れの痕跡は、いろいろなかたちであらわれてきます。修理が必要なサインを出してくれていることが多くあります。どんな設備であっても見逃さず、早急に対応することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ